日本手技療法士認定協会

072-637-6921

手技療法について

協会概要・連絡先

手技療法とは、施術者の手により筋肉のこりをほぐすように促す療法のことです。
緊張をとり除き、筋肉や関節の動きを調整することで、体の痛みや不快感を緩和させます。

日本手技療法士認定協会JMT

手技療法が身体に与える影響

皮膚に及ぼす作用皮膚の知覚神経を刺激することで反射的に血管拡張を促して血流量を増加させ新陳代謝を高めます。
また、汗腺や皮脂腺を刺激することで皮膚呼吸を活発にして、腺の分泌物を取り除き皮膚の再生力を高め、同時に抵抗力を増加させる働きもあります。
筋肉に及ぼす作用筋肉中の血流量を増加させ、筋肉中の新陳代謝が良くなり筋収縮力を回復させます。
神経に及ぼす作用弱い刺激は神経に対して興奮作用を起こさせます。
強い刺激は反対に鎮静作用に働きます。
運動前のウォーミングアップなどでは弱い刺激のマッサージで神経興奮させ、
運動後・試合後では強めに行い、神経の興奮を和らげます。
循環器系に及ぼす作用 軽擦(けいさつ)法・揉捏(じゅうねつ)法などの手技療法は
血液・リンパ液の流れを促進させ、老廃物を除去させて疲労の回復を早める効果があります。
血液・リンパに及ぼす作用血流量の向上だけでなく、リンパ液の動きも血流量と同等に流れが良くなります。
リンパの働きは、静脈では運べない大きな不要物(蛋白質、細胞の死骸など)を運ぶ下水道的な働きがあります。
そして重要なのはリンパ球という細菌・ウイルスと戦う免疫の働きです。
免疫は自己以外のものを攻撃・殺傷・排除し、自然治癒力の中心的役割を担っています。
血液・リンパ液の流れをスムーズにすることは、細胞の新陳代謝を促し自然治癒力を高めることになります。

手技療法の種類具体的な技法

 整体整体とは体全体の骨格・関節のゆがみの矯正や骨格筋の調整などを手技により正すこと。
民間療法の一種に分類されます。
今のところ整体法に関する共通した定義はないため、
「整体」を掲げている治療院がすべて同じ技法を行っているというわけではありません。
 スポーツマッサージ 主にスポーツ前後に行われるマッサージを総称して、スポーツマッサージと呼びます。
スポーツパフォーマンスの向上や患部の不快感を和らげる効果があります。
 カイロプラクティックカイロプラクティックはギリシャ語の「Chiro(手)」と「Prakticos(技術)」の造語。
手により脊椎を整える療法をいいます
 リフレクソロジー 別名「足裏マッサージ」とも呼ばれるリフレクソロジー。
足裏や手のひらを押す行為をいいます。
 アロママッサージ アロマテラピー(芳香療法)の主要テクニックのひとつ。
香りによるリラックスやリフレッシュ効果にマッサージの気持ちよさが加わり、癒しの効果が強まると考えられています。
 柔道整復柔道整復とは「接骨師」「ほねつぎ」と呼ばれ、古くから庶民に親しまれ信頼されてきた日本の伝統医療・民族医学のこと。
日本独自の治療技術でありWHOの「伝統医療と相補・代替医療に関する報告」でも、日本の伝統医療として紹介されています。
 鍼灸体の特定の部位に鍼をさすか灸を据える、東洋医学に基づいた治療。
鍼は一種の機械刺激、灸は温熱刺激であり、日本においては鍼灸を業として行う場合はそれぞれ「はり師」「きゅう師」としての免許が必要です。
 あん摩「なでる」「押す」「もむ」「たたく」などの手技により、生体の持つ恒常性維持機能を反応させる手技療法。
あん摩の「あん」とは「押さえる」、「摩」とは「なでる」という意味です。
 マッサージ直接皮膚に求心的に施術する手技療法。
マッサージはフランスで生まれた手技療法を指しますが、同様の効果が得られるものとしてタイ式や韓国式のものも便宜的にマッサージと呼びます。
狭義のマッサージを「医療マッサージ」と呼ぶこともあります。
 指圧読んで字のごとく母指を中心として四指ならびに手掌のみを使用し、
全身に定められたツボと呼ばれる指圧点を押圧する、日本独特の手技療法のことを「指圧」といいます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

072-637-6921